あのつ牧場のこだわり

あのつ牧場のこだわり

こだわり其の一

徹底した管理下での

一貫生産

あのつ牧場では、繁殖、搾乳から製造、加工、販売までを一貫して行っています。早朝に絞ったばかりの生乳は、搾乳時点で急速に冷やし、徹底した衛生管理のもとで午前中のうちに工場へ運ばれ、すぐに製造・加工へと進みます。おいしい牛乳・乳製品を作るために大切な「鮮度」。安心・安全で高品質な牛乳や乳製品を、いち早くお客様にお届けするための一貫体制です。
こだわり其の一

健やかな牛を育む

Non-GMO飼料

Non-GMOとは「遺伝子組み換えでない」という意味。一般的には遺伝子組換え不分別の飼料を与えている酪農家が多いと言われていますが、あのつ牧場では、Non-GMOのトウモロコシや大豆粕などを原料に発酵させた自家生産飼料を与えています。いい餌を食べて育つ乳牛からは、質の高い生乳が搾乳できます。子どもからお年寄りまで安心して飲める牛乳を追求し、餌にもこだわっています。
こだわり其の一

健康な乳牛がのびのび育つ

フリーストール牛舎

「フリーストール牛舎」とは、牛を一頭ずつ繋ぐ方法ではなく、繋がずに自由に動き回れるスペースを持った牛舎のことです。乳牛たちにストレスをかけず、ゆったりとした牛舎で自由に動いたり、食べたいときにのんびりとエサを食べたりと、のびのびと育つことができます。いい土、いい草、いい環境で育つ牛からは、安心・安全でおいしい生乳を絞ることができると考えています。
こだわり其の一

新鮮だからこそできる

低温殺菌

一般的な牛乳は、高温&短時間(130℃/2秒間)で殺菌された「超高温殺菌」ですが、あのつ牧場なら、搾乳から1日以内の新鮮な牛乳にしか適応できない「低温殺菌」も可能です。低温殺菌は、人の健康にとって有害な菌のみを殺菌し、必要な菌は殺しません。カルシウムやタンパク質など、牛乳本来の栄養を摂ることができるのはもちろん、搾りたての生乳に近いフレッシュな風味と優しい甘みが特徴です。
こだわり其の一

地域とともに生きてゆく

循環型農業

発酵飼料に使う大豆粕は、地元の大豆農家と契約している食品工場からNon-GMO大豆で作った豆腐や醤油の搾り粕を購入しています。また、耕種農家からは有機肥料を買い取り、牧場からはたい肥を供給。このように地元農家と連携し、有機資源を循環させながら農産物を生産していく営みは、持続性の高い理想的な農業体系です。あのつ牧場では、この循環型農業の核となれるような存在を目指し、日々さまざまな取り組みを行っています。
こだわり其の一

自然が育む産業だから

環境保全の取り組み

乳牛の育成はもちろん、生乳の輸送・保菅・製品の加工などに、多くのエネルギーを使用する酪農業は、実は環境負荷の高い産業の一つと言われています。
その環境負荷を少しでも減らすため、あのつ牧場では2.5ヘクタールの敷地に太陽光パネルを設置し、牧場や工場で使用する電力の一部を賄っています。